井戸工事をしてくれる業者選びのコツを紹介!

工法は多種多様

男性作業員

掘削の仕組み

地面に穴を掘り、その中に地下水を貯めて人が利用する施設を井戸と定義されています。その井戸を造るには、3種類の井戸工事の方法があります。ひとつは、抜き打ち井戸といわれるもので、パイプを地面に差し込んでいくもっとも簡単な工法です。ふたつ目は、昔ながらの井戸で掘り井戸といわれています。三つ目は、重機を利用し地中深く穴をあけるボーリング井戸です。どの井戸工事でも、地面に穴をあけながら掘り屑を処理することが必要になります。3つの井戸工事の中で、打ち抜き井戸は最も簡単な工法です。1メートル位の穴をスコップで掘った後に、井戸枠になるパイプと水を注入し、井戸掘り器で更に深く掘り進めます。井戸掘り器は、掘った土を中に取り込みながら進んでいきます。掘った土を外に出すことで井戸枠が下に行く仕組みになっています。井戸枠の水位が高くなったら井戸掘りは終了です。基本的には、このような仕組みで井戸工事は行われます。掘り井戸は、穴を開けた地面の上にやぐらを立て、人力で掘り進める方法です。その際にはウィンチなどを使って掘っていきます。その際、穴の壁を石やコンクリートで補強しながら水脈まで掘り進めます。完全な手掘りになりますので、水脈までが浅い場合に行われています。ホーリングマシンで掘るボーリング井戸は、重機を使用するため地中深く掘ることが可能です。また、掘った土は流し込む水の力で地上に噴射されます。いずれの井戸工事を採用するかは、深さや岩盤の固さに応じて決めることになります。