井戸工事をしてくれる業者選びのコツを紹介!

井戸はいくらで掘れるか

井戸

井戸のサイズ井戸工事(さく井、ボーリング井戸等と表記されることもある)をするにも、深さ、口径によって値段が変わります。一般的に、深さ30m以下の井戸を浅井戸、30m以上の井戸を深井戸と言います。現代の井戸工事の技術があれば、500m以上の深井戸も作成可能です。井戸水は電動ポンプによって汲み上げられ、井戸の口径は50mm〜150mm程度が一般的となっており、500mm口径の井戸も作成できます。硬貨サイズの口径から水を汲み上げることができるため、古典的な石造りの大きな井戸のイメージとは異なっています。井戸工事の費用、工期一般の人にはノウハウが無いため、専門業者に工事を依頼することになります。業者が請け負った場合、調査、見積もり、着手、完成の工程を経ることになります。調査は、専門家による地質調査、水質調査、工事着手にかかる現場下見が行われます。費用は、工法にもよりますが、個人保有規模の浅井戸で5万円から10万円程度が相場になります。単価はメーター単価による場合が多く、深く掘り進めるほど高価になります。工期は早いもので1日〜2日、遅くとも10日程度で完成します。井戸の維持費井戸工事が完了しても運営にお金がかかります。内訳は電動ポンプの電気代、メンテナンス代が主になります。水に関してはいくら汲んでも無料です。井戸のメンテナンスは、点検や掃除、修理を行います。工事を依頼された業者が引き続いて請け負ってくれることが多く、飲料用で年に1〜2回、雑用で3〜4回が目安です。ポンプの電気代は、同量の水を水道から使用した場合よりも割安となり、水の使用料が大きいほど、経済的費用対効果が高くなります。