井戸工事をしてくれる業者選びのコツを紹介!

井戸はいくらで掘れるか

井戸

井戸の個人保有を考えるなら、井戸工事費5万円から10万円程度で実現可能です。維持費は年に数回のメンテナンス代と電動ポンプの電気代のみとなります。水の単位使用料あたりの電気代は、水道代よりも割安であり、水の使用料が多いほど、経済的な費用対効果は高くなります。

業者選びが大切

作業員

井戸のパターンは多い

井戸工事をする際に大切なことは、何の目的で井戸を掘るのか、ということである。例えば消雪用の井戸、家庭での生活用水に使用する井戸、工業用の井戸など使用用途は様々である。使用用途が様々である、ということは一口に井戸工事と言っても多種多用の工事方法がある、ということである。例えば家庭内で使用する生活水の井戸であれば、井戸の口径も深度も小さくて済むが、工業用の井戸となると口径も深度も大きいものでなくてはならない。また汲み上げる水の量によって、水を汲み上げて良い地層が自治体によって規制されている。このため、井戸工事の際には井戸の使用目的と地下水の汲み上げ量を明確にしておく必要がある。そして工事を業者に依頼する際には、分かりやすい説明と明確な料金設定がある業者を選ぶことが重要である。まず、井戸工事にかかる費用としては井戸の掘削料金のほか、水中ポンプ等の代金がある。井戸の掘削料金は井戸の口径や地層によって掘削料金が異なる。このため予定掘削深度までの地層区分と掘削単価を説明・明示してくれる業者を選ぶことが大切である。次に水中ポンプについては価格帯が広いため、汲み上げ量と深度を考慮したポンプを選定しなければならない。もう1つ、井戸工事の際には発生しないが、後々かかる費用として井戸のメンテナンス費用が挙げられる。井戸は地面を掘削して、水中ポンプを入れて水が汲み上げることが出来れば終わりではない。井戸は地下水に含まれるミネラル分などによって、水を汲み上げる部分にあるスリット部分が目詰まりすることがある。このため、井戸の水量を定期的に検査し、同時に井戸の掃除も行うことが井戸を長持ちさせる上で大切なことである。

工法は多種多様

男性作業員

井戸工事には、打ち抜き井戸、掘り井戸、ボーリング井戸があります。どの井戸工事でも、穴を掘りながら井戸管を挿入していきます。掘り進めながら、水を注入し掘り屑を地上に噴き出す作業を行い水脈まで掘り進めます。

誰でも見極められる

手

井戸工事を行う業者を決めるには、インターネット上で実績が豊富で評判の高い業者を探しましょう。また見積もりを依頼する際は、あらかじめ相場を知ったうえで3社〜5社程度の業者に依頼するようにしましょう。さらに、井戸工事が完了した後保守点検を行ってくれるかどうかも、選定ポイントとして重要です。